• ホーム
  • 白ニキビと黒ニキビの違いを理解してそれぞれに合う正しい対策方法

白ニキビと黒ニキビの違いを理解してそれぞれに合う正しい対策方法

2020年06月27日

思春期の若い子のお肌にできるイメージもあるニキビ。でも最近は、大人ニキビという言葉もあるように、年齢を問わずニキビに悩んでいるという方が増えているようです。こめかみや額にできると、気になってしまうあまりついつい潰したくなってしまうという方も多いのではないでしょうか。そんなニキビは一般的には赤く腫れ上がったようなデキモノを想像しますが、最近では白ニキビと黒ニキビと呼ばれるものがあるようです。あなたはその違いをご存知でしょうか。

白ニキビとは、直径1~3ミリほどの初期段階のニキビを指します。お肌のターンオーバーがうまくいっていない状態で、角質が厚くなり、詰まった毛穴が膨らむことで生じます。炎症を起こす前ではあるものの、細菌が増えやすい状態とされています。白ニキビができた時には、オイルやクリームによるスキンケアやリキッドファンデーションなどを使うと悪化する場合もあるため注意が必要です。この段階のニキビには、お肌のターンオーバーを整えてあげることが重要。過剰な皮脂を抑制してくれるビタミンC配合美容液も、効果が期待できます。とにかくこの時期には、ニキビを悪化させることのないよう、ニキビが気になっても、できるだけ触れないように意識することが大切。パウダーファンデーションやルースパウダーなど、油分が少ないものを選び、軽くお肌にのせてカバーするようにしましょう。

一方で黒ニキビは白ニキビが開いたもので、毛穴が開いた状態で、皮脂が空気に触れることで、黒く酸化した状態です。鼻や鼻の脇にできることが多く、こちらも炎症ではないものの、放置してしまうと後々炎症が起こり、膿を持った赤ニキビにつながる恐れもあります。黒ニキビは、毛穴が開いている状態のため、そのまま自然に治癒することもありますが、ターンオーバーを促進する医薬品などを用いることで、より早い回復が期待できます。また、外出時にメイクで黒ニキビをカバーしたいという時には、黒みを目立ちにくくするために、暗めの色のコンシーラーを使うのがおすすめです。

このように、私達が普段イメージする赤いニキビは、ニキビの中で言うと最後の段階であり、実はその前には、白ニキビと黒ニキビという状態の違いがあります。赤ニキビになってしまうと、赤みも目立ち、メイクで隠すのも一苦労。感じるストレスも大きくなります。それぞれの状態に応じた正しいケアを知り、ニキビが悪化して目立ってしまう前に、早めに治してしまいたいものです。