• ホーム
  • シミへの対策に役立つと評判のトレチノイン配合のレチンAクリーム

シミへの対策に役立つと評判のトレチノイン配合のレチンAクリーム

2020年05月21日
肌がきれいな女性

近年、各社からこぞってシミ対策化粧品が続々と発売されていますが、その中でも特にユーザーの評判が高いアイテムが、レチンAクリーム。タイの薬局などで手に入るため、海外旅行のお土産としてもらった経験がある方もいるのではないでしょうか。

本来はニキビ跡の治療用などに使用されているレチンAクリーム。お肌に塗るとスクラブのような効果があり、表皮がボロボロと剥けることで、すこやかな肌へ導いていくという医薬用クリームでした。

しかしレチンAクリームは、その主成分であるトレチノインに、お肌の細胞を活性化させ、皮膚のターンオーバーを大幅にサポートする働きが認められたことから、医療の現場に留まらず、シミやシワを改善するための化粧品としても、多くの人の手に渡るようになったのです。

そんなレチンAクリームを日本国内から購入する場合には、海外製品を扱う通販サイトなどで注文することもできます。しかしレチンAクリーム実際に購入してみようと、ネットで調べてみると、一口にレチンAクリームと言っても実はさまざまな種類があることに気がつくはず。特に製品の特徴として目立つのは、トレチノインの配合率です。一般的に配合率が0.05%や0.025%と表記されているものが多いですが、お肌が敏感な方や、化粧品でお肌が荒れてしまった経験をお持ちの方は配合率が低い方を選んでおくのがベター。実際に自分のお肌で試してみて、問題ないようであれば、トレチノイン高配合の製品を使用してみるのが安心でしょう。美肌効果も大切ですが、自分のお肌にきちんと合ったものを選ぶことではじめて確かな効果を実感できるはずです。レチンAクリームの使い方は、通常のクリームと同様に洗顔後の清潔で乾いたお肌に塗って使用します。

ただし安全に使用するためには、1日12時間以上クリームをつけることはNGです。夜のおやすみ前に塗って、朝起きたら必ずクリームを洗い流す必要があります。またレチンAクリームには、お肌に塗布するとその部分から紫外線を浸透させてしまう働きもあるとされています。そのため、おでかけ前にも必ずクリームをきちんと洗い落とすことを忘れずに。レチンAクリームは元々医療の現場で使用されていたほど確かな効果がありますが、その分お肌へ及ぼす影響も決して少なくはありません。そのため製品の使用上の注意をよく読み、お肌がデリケートな方は特に注意して使用するようにしましょう。